Sekiya Dance Lesson

アルゼンチンタンゴとガフィエイラの話や、教室のお知らせ。など。

アルゼンチンタンゴ|フロアで美しいロンダをキープする!まわす!

f:id:sekiya_tango_gafi:20181207180720p:plain

久しぶりにダンスの話です。
気温が下がって、ミロンガが盛り上がる時期がやってきましたね。
混み混みミロンガもあるかも?そこで、
ミロンガでフロアをきれいにまわる、みんなでまわす、ためのコツについて書きます!

最初に少し基本のおさらい。

アルゼンチンタンゴは歩くダンスです。

スタイルによって、程度の差はありますが、ともかくフロア(ピスタ)を左回りに進まなければなりません。(ショータンゴは別だよ)
この円のことを「ロンダ」と言います。
目安としては、エフェクトタンゴくらいの広さなら、1曲の間に1周~1周半できるといいなー。

そして、
追い越し(特に内側から)はNGです。ライン(列)を守りましょう。
・混んでいるときに、内側にもうひとつラインを作るのはアリです。(2重とか)
・ただし、一度内側のラインに入ったら、そのタンダの間は、外側のラインに戻るのは控えましょう。

 f:id:sekiya_tango_gafi:20180524182614j:plain

こうやって、みんながラインを守って、適切なスピードでフロアを回っているのが理想的な状態です。
でも!
そうは言っても、前のパレハが進んでくれないし、パートナーがぶつかるのも避けたいし、難しい!という方のために、少しコツを書いてみました。
リーダー向けです。

美しいロンダを作るためのコツ

  • 踊り始める前に、自分の前後だけではなく、フロア全体の混み具合を見て、適切な間隔をとりましょう。

  • 男性は、組むときに、ピスタの内側に45度くらい背中を向けましょう。
    進行方向を向いていると、背後になる後続のパレハが見えませんが、フロアの内側に男性が背中を向けることで、前後のパレハを目視することができて、パートナーを守ることができます。

    f:id:sekiya_tango_gafi:20180622122137p:plain

  • 後ろに下がる回数を減らしましょう。下がるときは内側に下がりましょう。
    最初にサリダを習うと、男性が下がって終わる形で習うことが多いので、つい下がりたくなっちゃう気持ち、わかります。
    でも、そのまま下がると後ろにいるパレハにぶつかってしまいます。
    基本的には、後ろに下がらないようにしたいのですが、それでも下がりたいときは、方向を考えましょう。
    フロアの内側に背中を向けて下がると、人のいない円の内側に向かうことになるので、後ろのパレハとぶつかりません。

    f:id:sekiya_tango_gafi:20180622122237p:plain

  • 部屋の角を目指しましょう。
    丸く回るというより、部屋の四隅を目指して進みましょう。円周を大きく取ることができて、混雑緩和につながります。

  • 格好いい回転系の技とか、ミロンガで披露したいですよね。でも、ロンダの流れを停めちゃうんなら、それはちょっと後回しにしましょう。動きがたまる部屋の角なら、やりやすいかな?
    初心者さんは特にありがちですが、女性を飽きさせてしまうかもしれないかと色々やりたくなるけど女性はそんなに求めてないらしいです。
    回転しながら進む、というステップもあるので、歩くだけじゃ地味だし・・・という方は、ぜひ歩くバリエーションも増やしてください!
    歩きだけで魅せるものも色々あるよ~。

他にもサリダだけでうまくまわる方法とか、たくさんコツはあるんだけど、とりあえずここまで!

前の人が動いてくれないんです、というのもすごーーくよく分かるのですが、みんなつながっているから、ぜひ、もう一歩詰めてみることをお勧めします。

続きはまた今度。

日本のミロンガがいいミロンガになってほしいなー、初心者さんも楽しく参加出来たらいいなーと思い書きました。
難しいけど実践してみてね。

 

www.samba-tango-tokyo.com